肥満

肥満とは

肥満とは

肥満は、外見ではなく、体脂肪が過剰になった状態です。外見が標準的に見えても内臓脂肪が多くおなかだけぽっこりふくらんでいる内臓脂肪型肥満は、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中など、さまざまな疾患の発症・進行リスクが高い状態です。

身長によって適正体重は異なり、身長と体重を元に体格指数(BMI)を出すことで、標準・肥満、低体重に分けられます。標準体重は膨大なデータによって病気にかかる確率が最も低い状態であり、肥満と低体重はさまざまな疾患の発症リスクが高い状態です。

体格指数(BMI)=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}

BMIの数値によって、BMI22が標準体重、BMI25以上は肥満、BMI18.5以下は低体重です。

肥満は生活習慣病の発症・進行リスクが高い状態

BMI25以上の肥満があって、糖尿病・高血圧・脂質異常症(高脂血症)、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群など発症原因に肥満が関与している疾患がある場合、肥満症と診断されます。
肥満があると生活習慣病をはじめとした慢性疾患を発症しやすく、複数を合併する場合も珍しくありません。深刻な病気の発症・進行を防ぎ、将来の健康を守るためには肥満の解消がとても重要です。

食べ過ぎだけが肥満の原因ではありません

「食べる量は少ないのに太ってしまう」というケースは少なくありません。そして、実際に食べる量(摂取カロリー)がそれほど多くないのに太ってしまうケースが存在します。カロリー制限だけでなく、下記のことにも注意してください。

偏った食事量

摂取カロリーが同じでも、朝食を抜くなど食事の回数が少ないと、栄養が吸収されやすくなって過剰なエネルギーが脂肪として蓄えられて肥満になりやすいとされています。1日3食をバランスよく食べるようにしてください。

早食い

満腹感は遅れて感じるため、早食いすると気付いたときには食べ過ぎています。よく噛んでゆっくり食べることで適切な食事量で満腹感を感じるようになり、食べ過ぎを防げます。特に食物繊維などを最初にしっかりとるベジタブルファーストを心がけましょう。

肥満の診断

先ほどご紹介したBMIを算出してBMI25以上の場合は肥満です。肥満イコール病気ではありませんが、肥満が原因となって多くの疾患が発症・進行するため、肥満で疾患がある場合や、疾患を発症する危険性が高い場合に治療が必要な肥満症とされます。

特に動脈硬化を進行させやすいとされている内臓脂肪型肥満は、一見しただけでは太って見えないこともあるため、ウエストの腹囲を計測して確かめる必要があります。男性は85cm以上、女性は90cm以上の場合に、内臓脂肪型肥満が疑われます。ただし腹囲は身長などの違いによっても適切かどうかが変わりますので、正確な診断のためにはCT検査が必要です。

肥満症の治療

肥満症の治療

カロリー制限や食事の仕方などによる食事療法、有酸素運動を継続して行う運動療法を行います。こうした生活習慣の改善では充分な効果を得られない場合には薬物療法を行うこともありますが、その場合にも食事療法や運動療法は不可欠です。
医師や管理栄養士とじっくり相談して、食事のとり方などの食習慣、ストレスのできるだけ少ないカロリー制限の方法を探し、無理のない範囲から少しずつ減量していきましょう。いきなり過激なダイエットをするとリバウンドしやすく、体調を崩しやすいため注意してください。